日本ゲノム編集学会

産学連携シンポジウム「ゲノム編集技術の産業利用の道筋を探る」

産学連携シンポジウム「ゲノム編集技術の産業利用の道筋を探る」を開催いたします。
※2017年10月27日にプログラムを更新いたしました。

開催日時:
2017年11月24日(金)13:00-17:20
場所:
明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1F グローバルホール
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
共同主催:
日本ゲノム編集学会産学連携委員会
明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート

プログラム一覧: ※2017年10月27日に更新しました
13:00-13:20
村中 俊哉 (大阪大学) 開会挨拶と趣旨説明
13:20-13:50
長嶋比呂志 (明治大学) 「ゲノム編集技術の稀少難治性疾患研究への応用」
13:50-14:20
木下 政人 (京都大学) 「ゲノム編集技術の水産業への応用の現状と課題」
14:40-15:10
小松 晃 (農研機構) 「ゲノム編集技術の作物育種への応用と課題」
15:10-15:40
塚原 優子 (特許業務法人平木国際特許事務所) 「ゲノム編集技術に関する最新知財動向」
15:40-16:10
堀田 秋津 (京都大学) 「ゲノム編集治療の世界的研究開発動向」
16:20-17:20
パネルディスカッション
コーディネーター 村中 俊哉
パネラー 全演者
上川奈都子 (日本たばこ産業株式会社)
久保田 文 (日経BP社 日経バイオテク)
阿南 久 (消費者市民をつくる会代表)

申込方法:
事前申込は締め切りました。
申込をされていない場合は、当日、会場で受け付けます(30名程度)。

定員:
150名(先着順、事前申込制、30名程度は当日受付可)
参加費:
無料
問合せ先:
日本ゲノム編集学会 産学連携委員会
genome.sankangaku.sympo11@gmail.com

情報交換会:
終了後、情報交換会(会費3000円)を開催します。
参加ご希望の方はシンポジウム参加申し込み時にご登録ください。

プログラムのPDFファイルはこちら(PDF)からダウンロード可能です。
※2017年10月27日に更新しました。

賛助会員

  • (株)島津製作所

    (株)島津製作所のサイトへ移動します
  • ネッパジーン(株)

    ネッパジーン(株)のサイトへ移動します
  • エディットフォース(株)

    エディットフォース(株)のサイトへ移動します
  • 富士フイルム和光純薬

    富士フイルム和光純薬(株)のサイトへ移動します